薬膳・四性(四気)とは?

薬膳・四性(四気)とは?

薬膳の四性・四気とは?

薬膳の考え方は、大きく分けて四性・四気と、五味に分かれる。

 

五味は甘い・辛い・酸っぱい・苦い・塩辛いという
五つの味付けのことで、それぞれに内臓に対応する。

 

漢方では、五行説を援用して、内臓の働きを5つにまとめているのだ。

 

そして内臓それぞれに、元気にする味付けというモノを考えている。

 

一方、四性・四気というのは、体を温める食べ物とか、
熱を冷ます食べ物とか、そう言うモノののことだ。

 

つまり食べ物には、寒性、涼性、温性、熱性の4つの性質を持ったモノがあり、
それぞれに使いかたが違うというわけだ。

 

漢方の考え方は、とにかくどれかに極端に偏ることを嫌うので、
つねに寒と熱のバランスを取り、組み合わせることが大事だ。

 

寒性涼性の食べ物とは、身体を冷やしたり、
余分な熱を取る作用の食べ物のことを言う。

 

寒性のほうが、涼性より効果が大きい食べ物ということになる。

 

具体的な材料としては、夏にとれる野菜(実)が代表的だ。
セロリ、ナス、きゅうり、トマト、にがうり、なんて言うモノが入るらしい。


温性・熱性の食べ物は、欠かせない

野菜には身体を冷やす野菜と、暖める野菜がある。

 

夏にとれる野菜で実の部分というのは、
暑く火照った身体を冷やす効果があるということだけれど、
逆に言うと体が弱った人にはあまり良くない材料だ。

 

だから生で食べずに加熱して、熱性を持った食べ物と
併せて食べることが必要になる。

 

そのほか野菜類は、多かれ少なかれ寒性・涼性にはいるようだ。
敏感な人なら、生で食べたときに寒く感じる食べ物らしい。

 

なお野菜類に含まれているカリウムに利尿作用があるが、
カリウムは膀胱炎などをひどくするような場合もあるので、
野菜は健康に良いからとたくさん食べると、
身体が冷えた上に炎症がひどくなったりするらしい。

 

温性熱性の食べ物というのは、
食べた後に体が温まる感じのする食べ物だ。

 

スパイスや香辛料、それからタンパク質を多く含む肉や魚などが該当する。

 

温性や熱性の食べ物は、身体を温めて気血の流れをよくして、
新陳代謝を高める。

 

具体的には、

しょうがやネギ、シナモンや唐辛子、コショウや山椒、
にんにく・たまねぎ・らっきょう・ニラなどのアリウム類。
羊肉、鶏肉、まぐろ、サケ、エビ。

紅茶や酒、ワイン、黒砂糖なども体を温める食材となる。

 

温めたりさましたりという作用がないモノもあって、
これを「平性」という。

 

これは極端な作用を持たないため、
体が弱っていても大丈夫なものだ。

 

具体的には芋類、大豆、牛肉とかキャベツとかになる。

 

NEXT:薬膳・五味とは

スポンサードリンク