雑穀ご飯は、飽きたら焼きめしや寿司にも使おう

白米というのは、かなり旨いものだ。

 

毎日食べていると気がつかないが、発芽玄米や雑穀ご飯を毎日食べていると、たまに思いっきり白米を食べたくなることがある。

 

栄養的には毎日発芽玄米や雑穀ご飯の方が良いのだが、どういうわけだかそういう異常食欲が起こる。

 

なのでそう言う場合は我慢せずに、しばらく白米に戻した方が良い。

 

自分の身体の欲求に素直に耳を傾けることが、遠回りだが自分の健康に寄与することになる。

 

ただ、その他にも、寿司に使ったりチャーハンを作るというのも飽きを克復する一つの手である。

 

雑穀ご飯のチャーハンは、しっかり加熱すると雑穀が香ばしい香りを放って旨いものだ。

 

また寿司にすれば雑穀の小さな粒がアクセントになって旨い。

 

いなり寿司なんかは、酢飯にごまが入っているが、アレはアレで旨いからね。

 



雑穀米スープや、雑穀米おかゆも旨い

雑穀ご飯に飽きたときの、残ったご飯の処理法(?)としては、卵チャーハンとかジャコ入りチャーハンなどがいい。

 

干しエビや、塩気の多いモノを使って作ると旨い。

 

これは普通の白飯で作るチャーハンより、雑穀ご飯の法がはるかに旨い。

 

それ以外にも、雑穀ご飯でスープを作ったり、おかゆにする方法もある。

 

鍋で煮て、中華スープの素とネギを入れる。

 

あるいはお茶漬けの素や「うどんスープ」でお茶漬けならぬ、水茶漬けが旨い。

 

ワサビやユズ胡椒など、ピリッとするモノがあると旨く食べられる。

 

山椒入りの昆布なども良いね。

 

雑穀ご飯は噛みごたえがあるので、こういう塩味やアクセントが必要やね。

 

雑穀ダイエットの注意点


このエントリーをはてなブックマークに追加