黒食ダイエットのやり方

黒食ダイエットのやり方は、簡単だ。

 

だから「これからダイエットするぞー」と気負う必要はない。

 

ただ黒食の食材を常に常備し、毎回の食事に加えるだけで良い。

 

もちろん食べ過ぎは良くないが、ミネラルの摂取が足りてくると、過剰な食欲は抑えられてくるので、自然と食事量も正常化する。

 

で、常備しておきたい黒色食材なのだが、黒米、黒酢、黒ごま、がお薦めだ。

 

他にも黒色に分類される食材としては、

  • ワカメ・ひじき
  • 昆布・のり
  • しいたけ・しめじ・きくらげ
といったモノがある。

 

海苔やワカメは、乾燥したモノがスーパーに必ずあるから、これを使うと便利だ。

 

もみ海苔など、百円ショップにもかなりお得なモノが並んでいるので、私もよく利用している。

 

「黒い色がないな」と思ったとき、もみ海苔を一つまみ入れて食べたりする。

 

またゴマ塩をご飯にかけて食べたりもする。

 

これは、青汁療法を広めた甲田医師の本にも載っていたが、ゴマ塩というのは元気を出すふりかけなのだ。

 



黒豆の効用と威力

さて、上に上げた食べ物の中で、一般に馴染みが薄いのは黒豆と黒酢だろう。

 

「黒豆」は、簡単に言うと、黒い大豆のことだ。

 

代表的な品種として、兵庫県の「丹波黒」、京都府の「和知黒」や「紫ずきん」、岡山の「作州黒」、北海道の「光黒」などがある。

 

普通はお正月のおせち料理で、煮豆にして食べる。

 

それから和菓子やせんべいにも使われている。

 

紫ずきんなど、枝豆としても売られているね。

 

黒い枝豆というやつだ。

 

黒豆には、アントシアニンやオリゴ糖、イソフラボンが豊富に含まれている。

 

アントシアニンについては、黒い食べ物が流行るわけで書いたが、ドロドロ血をサラサラにする働きや目の疲れを癒す働きがある。

 

オリゴ糖は、大腸内の腸内細菌であるビフィズス菌のエサになり、腸内細菌のバランスを改善する。

 

イソフラボンは、女性ホルモンに似た構造を持ち、美肌効き目や女の人ホルモンの活性化といった、女性にうれしい効果が期待できる。

 

そういうわけで、黒豆を食事に取り入れることは、特に女性にとっては様々な利点があるといえよう。

 

近頃は、黒豆の煮豆の他にも、黒豆を使ったドリンクなどが色々出ているから、そう言うモノを利用してもイイ。

 

黒いドリンクの効き目は?

このエントリーをはてなブックマークに追加